子供シューズを選ぶなら、靴の特徴からチェックしよう

子供シューズを買うなら

母と子

足の成長と靴サイズ

子供シューズを購入するなら、子供の足のサイズをしっかりと測るようにしましょう。また、手入の方法についてもチェックしておく必要があります。

READ MORE

失敗を防ぐ

子供シューズの特徴を押さえておけば、靴選びで失敗することもないでしょう。子供にとっては、とても大切なアイテムです。子供の足をしっかりと守ってやるためにも、靴の特徴を覚えておきましょう。

[PR]

子供シューズを買おう★
機能性もバッチリ!

靴の特徴

子供

よちよち歩き用

子供の足は柔らかくて繊細です。とても子供シューズには子供の足を守る工夫がなされています。特に、爪先部分については柔らかく、動きやすく作られていることが多いでしょう。子供は足の指で、地面を掴むようにして歩きます。その為、爪先部分が柔らかくないと、足の指に負担がかかってしまうのです。若干、足の先に隙間があるシューズなら、子供の足に負担をかけにくいでしょう。また、つまずかないように、先端が巻き上げられています。ちょっとした段差があっても引っかかりにくいのです。このような加工は、よちよち歩きを始めた子供用の靴によく見られます。子供が転ばないように、しっかりと工夫を施しているのです。基本的に柔らかめの素材でできています。靴の固定もマジックテープ式のベルトが採用されていることが多いでしょう。子供に履かせやすいようになっています。また、靴の後ろ部分は足を守るために、固めの素材でできているのです。足をしっかりと守ってくれるでしょう。

トコトコ歩き用

子供は成長すると、歩き方が変わってきます。1歳から2歳くらいになると、トコトコと歩くようになるのです。基本的に靴の真中付近で、少し曲がるようになっています。大体かかとから2/3くらいの所が柔らかく加工されており、足の動きに合わせて曲がるのです。また、靴底はグリップとクッション性に優れたゴムを使用するようになるでしょう。つま先にも数ミリ程度のゆとりを持たせています。かかとにスポンジをいれることで、靭帯の疲労を軽減することができるようになっているのです。また、ゴム紐を使って足の甲を固定する靴が多いでしょう。ゴムなので、締め付けすぎることはありません。適度に押さえておくことができるのです。そして、1歳から2歳くらいになると、運動量も増えてきます。つまり、汗をかきやすくなるのです。そのため、子供靴の通気性も改善されてきます。吸湿性の良い素材が使われるようになるのです。子供シューズは、子供が快適に履けるように作られています。