足の成長と靴サイズ|子供シューズは成長や機能性をみて慎重に選びましょう

子供シューズの手入方法を覚えよう!子供の足の特徴も紹介

足の成長と靴サイズ

母と子

靴のサイズ

子供シューズのサイズは様々です。理由としては、子供は成長スピードは早いことが挙げられます。1歳から3歳までの子供は、半年で1センチ程も足が大きくなるのです。3歳以降になると、半年に0,5センチ程成長するでしょう。このように成長の早い子供の足に合わせて靴を選ぶ必要があります。子供シューズ選びで大切なのが、子供の足のサイズを計測することです。子供の足にピッタリとフィットしている靴でなければ、子供の成長を妨げてしまう可能性があります。こまめに足のサイズを測るようにしましょう。そうすることで、子供の足にピッタリな靴を履かせてあげることができるようになります。子供は自分から靴のサイズが小さいと言うことはないのです。親が積極的に足のサイズを図ってあげましょう。

つま先のゆとり

基本的に子供シューズを選ぶ場合、つま先にある程度のゆとりが必要になってきます。おおよそ5ミリくらいのゆとりがあれば良いでしょう。つま先が窮屈だと、骨が変形してしまう恐れがあります。ある程度の余裕が必要なのです。また、中にはつま先に1センチ以上の隙間がある靴を選ぶ方もいます。ですが、隙間がありすぎて良くないのです。隙間が空きすぎると、骨が変形してしまう可能性が出てきます。特にかかとの骨がしっかりと成長しなくなってしまうのです。足のサイズよりも大きすぎる靴は、子供にとって良くないと言えるでしょう。まずは、しっかりと足のサイズを測るようにします。爪先部分は余裕を見ても、8ミリくらいに抑えておきましょう。足とのフィット感が大切なのです。

サイズの測り方

子供の足のサイズを測る時に役立つのが、計測表です。サイズが表記されているので、足の大きさが一目で分かります。計測表は各靴メーカーのホームページでダウンロードすることができるでしょう。好きな計測表を使って子供の足の大きさを測ります。足の大きさを測る時は、かかとをしっかりと固定するようにしましょう。かかとを固定したら、人差し指を縦の線に合わせます。足の幅は小指の関節と親指の関節の一番外側を測りましょう。足の甲のサイズもしっかりと測っておきます。甲の部分が窮屈だと、サイズがあっているとは言えないのです。ただ、計測表を利用すると、簡単に子供の足のサイズを測ることができます。必ず用意しておくようにしましょう。また、正確に測るなら、ショップで測るのがおすすめです。

靴の手入方法

中敷きを外す

子供シューズで一番汚れやすいのが中敷きと言われています。最初で外しておきましょう。その為、中敷きがはずせるタイプの子供シューズがベストです。汗などで汚れてしまう部分なのでしっかりと洗います。柔らかいブラシで、水を流しながら軽く擦ると中敷きの汚れは落ちるでしょう。シャンプーなどは使わないようにします。

砂などを落とす

子供シューズは砂が溜まりやすいのが特徴です。これは、子供が砂遊びなどをするからと言えるでしょう。子供は公園の砂場などで遊ぶ機会も多く、靴の中に砂が入ってしまいます。しっかりと砂を落としておかないと、靴の中で砂が固まってしまうのです。中敷きを外したら、靴の中に入っている砂をしっかりと落としましょう。

素早く洗う

靴本体を洗う場合は、靴を湿らせることが大切です。基本的にぬるま湯か水を使います。熱湯だと、靴が傷付いてしまう恐れがあるのです。靴用のシャンプーを利用して汚れを落とします。手早く洗うのがコツになるでしょう。洗った後は、しっかりとシャンプーを落とします。シャンプーが残っていると、靴が傷んでしまうのです。

靴を乾かす

洗い終わった子供シューズはすぐに乾かすのが基本です。この時、直射日光には当てないように注意しましょう。直射日光に当ててしまうと、靴が劣化してしまいます。早く乾燥させるためにドライヤーを使うのも厳禁です。日陰で自然に乾かしましょう。この時、紙などを靴に積めると、早く乾きます。風通しの良い日陰で乾燥させると良いでしょう。

ちょっとした工夫

子供シューズを乾かす時に、ちょっとした工夫をするのがおすすめです。例えば、子供シューズを壁に立てかけたりする方は多いでしょう。ですが、壁に立てかけておくと、形が変形してしまう可能性があります。靴はハンガーなどにぶら下げておくようにしましょう。また、形を整えるのであれば、割り箸なども活用できます。形が崩れないように工夫しましょう。